「和食」カテゴリーアーカイブ

隨縁亭 ホテルモントレ京都、ヨーロッパ調ホテル内にある和食店

店名:隨縁亭 ホテルモントレ京都
住所:京都府京都市中京区烏丸通三条下る饅頭屋町604ホテルモントレ2階
電話:075-251-7111

隨縁亭は、八寸の盛り合わせ・お刺身・煮物・揚げ物・焼き物・ご飯・デザート全8品の「おすすめランチ会席」というメニューが、名前の通りオススメとなっています。
他に天然温泉入浴付きのお得なプランもあり、こちらのプランが人気NO.1メニューのようです。

隨縁亭は京都モントレホテルの2階にあるので、ホテルの温泉に入れるプランが用意されているのです。
個室があるので接待・顔合わせ・還暦祝いなどにも使用できるようになっています。

ちなみに個室利用は6名からになっていて、テーブル個室のほか14畳の掘り炬燵の個室もあります。
お子様メニューはないようですが、お子さん連れのお客様も楽しそうにお食事されていました。

ヨーロッパ調のホテルの外観からは想像できないほど、隨縁亭の店内は和の雰囲気にあふれています。
また席と席の間が離れているので、ゆっくりと食事を楽しむことが出来ました。

隨縁亭は、お料理も一品一品手をかけて作られており、彩りも美しくデザートまで全て美味しく頂くことができました。
お店の方が着物で接客してくれるのも、京都らしさが一層感じられるポイントだったと思います。

SUSHI 権八 G-Zone 銀座でちょっぴり大人な寿司ランチ!!

店名:SUSHI 権八 G-Zone 銀座
住所:東京都中央区銀座1-2-3 G-Zone Ginza
電話:03-5524-3626

皆様、暑い夏も終わり待ちに待った食欲の秋がやって参りました。
今回は、先日ランチでお邪魔した銀座にあります、権八についてのレビューをお届けしたいと思います。

私は2度、権八に来店したことがありますが、ランチで平均¥2000前後でした。
海鮮丼(¥1500)とにぎり10貫のランチメニュー(¥2000)をいただきましたが、どちらも非常に美味でクオリティが高い印象を受けています。特にサーモン・マグロ・イクラがアツイ!!

権八の店内の雰囲気に関しましては、カウンター越しから緑がよく見え、板前さんも非常にお寿司について博識でしたのでとても品位のある空間でした。また、板前さんは寿司に合う日本酒をチョイスしてくれたり、季節ならではの一貫をオススメしてくれたりと非常に親切かつ食事を楽しめる空間を演出してくださいました。

学生にはランチで¥2000は少しお高いかとは思いますが、社会人の休日のランチには価格・味・接客のすべてにおいて満足していただけるお店だと思います。

銀座は日本の歴史的背景から非常に物価が高いイメージがあると思いますが、権八のようにリーゾナブルで高品質なお寿司を嗜める場所も多いので是非散策してみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。

宮崎料理 万作、渋谷で本場のチキン南蛮が食べられるお店

宮崎料理 万作は、渋谷ヒカリエのレストラン街にある宮崎料理のお店です。
お昼時は混雑しているので、入店まで少し待ち時間があることもあります。

万作は外観からして高級店といった雰囲気が漂っていますが、ランチであれば1200円程度から食べられます。
ドリンクも200円でつけられるので、とてもお得です。

宮崎牛や宮崎産の魚を使った刺身など、万作はランチメニューも豊富です。
特におすすめなのは、宮崎名物チキン南蛮定食です。

チキン南蛮は宮崎料理として知名度が高く、扱っているお店は東京にもたくさんありますが、ほとんどのお店でチキン南蛮といって出しているものは、宮崎のチキン南蛮とは全くの別物です。

でも、万作のチキン南蛮は、宮崎で食べるのと同じ味がするので驚きでした。
甘酢とタルタルソースのバランスもよく、とても美味しいチキン南蛮が食べられます。

また、豚汁も一緒に出てきます。
ただの味噌汁出はないところも嬉しいです。
生卵もついてくるので、余ったご飯にかけて卵かけご飯も楽しめます。

チキン南蛮が食べたくなったらこのお店に行きたいと思えるほど、本格的なものが食べられます。
万作は、お店の雰囲気も落ち着いていて、店内も静かで、店員さんの感じもいいので、ゆっくりお昼を食べられるのも嬉しいです。

店名:宮崎料理 万作 渋谷ヒカリエ店
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 6F
電話:03-6712-6450

うを佐、鹿児島県鹿児島市にある海鮮が食べられるお店

店名:海鮮茶屋 うを佐
住所;鹿児島県鹿児島市中山2丁目1-6
電話:099-263-3075

うを佐のオススメのメニューは、選べるレディース御膳です。
ご飯物は、にぎり3かん、ミニばらちらし、ミニ漬け丼、ミニ海鮮丼の中から一つ。

おかずは、チキン南蛮、鶏の唐揚げ、揚げ鶏と野菜の熟成黒酢あんかけ、鶏と野菜の香味だれの中から一つ。
汁物類は、茶碗蒸しセット、半うどんセットの中から一つ。

お好きなご飯とお好きなおかず、汁物をご自身でお選びいただきオリジナルの御膳を楽しむことができます。
値段は税込1058円となっております。
どれを選んでも美味しいので迷いますよね。

また、うを佐の寿司逸品メニューにある、炙りサーモンミルフィーユ8貫税込529円、ハーフサイズ4貫で313円もオススメです。
サーモンとシャリがミルフィーユの様に層になっており、見た目も楽しめる商品です。

うを佐は、接客に関しましてもいつも気持ちの良い接客です。
店員さんは着物風な制服を着ており、清潔感も感じられるのも良い点ではないでしょうか。
皆さま是非一度足を運ばれることをオススメ致します。

うを佐は個室や座敷もありますが、すぐ予約でいっぱいになるみたいなので、早めの予約をオススメ致します。

広島市、どれを食べても絶品!うまいとうなる美彩和食にいだや

店名:美彩和食にいだや
住所:広島県広島市安佐南区中筋2-1-2 1F
電話:082-879-7120

美彩和食にいだやは、近所にできた和食屋さんで、できた当初から気になっていたものの、家から近すぎて行っていませんでした。
思い立って夕食で行くことにしました。

モダンなのれんをくぐると、女性が接客してくれ、料理はご主人が作ってくれます。
席はカウンター席が10席程度とテーブル席が3つ、テーブル席のうち1つが個室のような分けられた空間のようになっています。

美彩和食にいだやの接客自体はとても丁寧で、人が少ない時には談笑してくれます。
価格は少し高めかなと思いますが、料理の味を勘案すると、出しても通いたいくらいの値段です。

美彩和食にいだやの料理は、どれを食べても絶品で、一番最初に食べて感動したのは、アナゴの白焼きです。

外はさくさくで、中がふわふわ。
味付けは塩と甘いたれの二種類を用意してくれます。
どちらの味付けで食べても絶品で、私は交互につけながら味を楽しみました。

美彩和食にいだやのメニューは、月替わりのものが10種類程度で、春であれば筍、冬であれば牡蠣等その月に旬のものを使った料理を作ってくれます。

通常のメニューは30種類程度で、つまみになるような飲み屋さんのメニューになっていますが、私は飲まないので、料理ばかり注文します。
今のところ、通い始めてから毎月月替わりのメニューを楽しみに通っています。

地元の人で大いに賑わっている斑鳩町のスシロー斑鳩店

日本人の好きな食べ物1位はお寿司だとか。
ネタが多く、リースナブルで子供も楽しめる、「身近」で「敷居の低い」イメージから来ているようです。
まさにそれは「回転寿司」の功績によるところが大きいと思います。

ちょっと「お寿司食べたいな~」と思った時に訪れるのが、家から遠くもないがめちゃめちゃ近い訳ではない位置にある「スシロー 斑鳩店」です。

国道沿いとはいえ、決して大通り沿いではないのですが、早めに行くことをオススメするほど、スシローは多くの人で賑わいます。
近所の方が本当によく通っておられるのかなと思います。

年末には持ち帰りのお寿司を取りに来られる方もたくさんいらっしゃいました。
お客さんが多いというのは、新鮮なネタを提供するお寿司屋さんにとって大きな魅力だと思います。
スシローは、客層も子供連れの方から、お年寄りまで様々です。

一口でお寿司と言っても、いろんな種類があって、人によって年齢によって好みも分かれるところですが、世代の違う親子で行ってもそれぞれが「好みの系統のもの」を取って食べられるのが魅力です。

また、スシローは値段が安いので、季節限定・期間限定のお寿司にも手を出しやすく、いつ行っても「目新しいものを食べられた感」があって満足できます。
麺類もとても個性的で美味しいです。お寿司を食べる気分じゃなくても楽しめます。

店名:スシロー 斑鳩店
住所:奈良県生駒郡斑鳩町龍田西7-2-8
電話:0745-75-8270

新潟市の丸寿司は回転寿司ながらもこだわりのメニューがたくさん!

新潟市内には、お寿司屋さんがたくさんあります。
回転寿司も全国チェーンお店も多い中、新潟市内に3店舗を展開している「丸寿司」は一味違います。

「丸寿司 関屋店」には、ランチで何回かお伺いしていますが、メニューの数が多く、どれを見ても美味しそうで毎回悩んでしまいます。

ランチで毎回注文するのが、月替わりの「限定三昧」と「限定五貫盛り」。
その時期の旬の食材を使ってあるのですが、毎回迷います。

丸寿司の限定三昧の12月の場合は、
「冬の味覚三昧」寒ひらめ、炙りのどぐろ、本ズワイガニ蟹の握り 560円。
「師走三昧」キンメダイ、あん肝、蒸し牡蠣の炙りポン酢の握り 400円。
「牡蠣三昧」蒸し牡蠣の炙りポン酢、蒸し牡蠣のバター焼き、蒸し牡蠣の味噌焼きの握り 420円。

丸寿司の限定五貫盛りは、
「冬のキラメキ五貫盛り」炙りのどぐろ、寒ひらめ、寒さば、キンメダイ、本ズワイ蟹の握り 860円。
旬の魚で握るので、本当に美味しいです!

違う月にお伺いした時には、大好きなサーモン三昧を注文しました。
丸寿司のランチには、お味噌汁も無料で付いています。
サラダとコーヒーも無料でした(時間が限られると思います)。

美味しい旬の魚を使ったバリエーション豊富なメニュー。
お腹も満足、サイフも満足なお寿司屋さんです。
思い出したら、また丸寿司に行きたくなってしまいました!

店名:丸寿司 関屋店
住所:新潟市中央区関新3丁目4番35号
電話:025-232-3322