「酒場」カテゴリーアーカイブ

住みたい街吉祥寺、漬け物BAR 4328(清水屋)

店名:漬け物BAR 4328(清水屋)
住所:武蔵野市吉祥寺本町1-1-8清水屋2F
電話:0422-22-7621

吉祥寺のハモニカ横丁の外れにある老舗のお漬物屋さん「清水屋さん」は、夜になるとBARとして営業しています。
清水屋さんの二代目の味を引き継ぐべく、お孫さんたちが経営されているのだそうです。

漬け物BAR 4328のイケメン店長は、ハモニカ横丁の名物イケメンさんなのだとか。
バーテンさんがいるような正統派BARではなく、カジュアルにお漬物をつまみにお酒を飲む、そんな空間です。

1Fはビニールハウスのようなテーブル席があり、冬にはこたつ仕様となります。
2Fはカウンター席のみ。

客層は吉祥寺という土地柄もあってか、漬け物BAR 4328は、若い男女でいつも賑わっており少々落ち着かない雰囲気です。
1Fのテーブル席が空いていたら大人の方には1Fをおすすめしたいところです。

漬け物BAR 4328のフードメニューは、お漬物を中心に少なめ。
ドリンクメニューも豊富とは言えずとも、要点は捉えており、オール500円です。
一件目のお店というよりも、漬け物BAR 4328は2件目向きのお店です。

漬け物BAR 4328おすすめはスジの煮込み。
確か500円ぐらいでした。
ねぎが大盛りでお酒が進む逸品でした。
他にはおでん、豚キムチなどもありましたよ。

若い方は普段お漬物を食べる機会が少ないでしょうから、若い方が気軽にお漬物に触れられるいいお店かなとは思いました。

赤星とくまがい、麻布十番で美味しい日本酒を飲むなら!

店名:赤星とくまがい
住所:東京都港区麻布十番3-3-9 COMS AZABUJYUBAN 7F
電話:03-6459-4589

赤星とくまがいは、東京メトロ南北線・麻布十番駅を出て、4分ほど歩いたところにある、日本酒と創作和食を楽しめるお店。
オーナーは、ワインソムリエ取得後、ニューヨークを拠点に日本酒を全米に広める活動を行っていたそうです。

赤星とくまがいはなんといっても、和食のメニュー一品一品に合う日本酒を出してくれるペアリングのコース。
前菜、スープや茶わん蒸し、お刺身、天ぷら、魚料理、肉料理、〆のごはんや麺、デザートまで、旬のものをそれに合わせた調理法で8品。

そして、それぞれに合う日本酒を1杯ずつ紹介してくださいます。
デザートにも日本酒を合わせることもあり、新鮮です。

それぞれの日本酒の特徴や楽しみ方、合わせる料理とどう相性がよいかなどの解説を聞き、日本酒への興味も沸きます。
これで、税込み14,040円とは、大満足の内容。

オーナーもその他の店員さんも皆、気さくでありながら適度な距離を持った接客で、好感が持てます。
また、赤星とくまがい店内はカウンターが10席ほどとテーブル席が2卓とこじんまりしていて、騒がしくならず大人の雰囲気が漂っています。
オーナーとも気軽に話せるカウンター席がおすすめです。

広島駅近くの横丁「タヴェルナたまい」で絶品の牡蠣を味わう。

広島駅から少し外れたところにある小さなビルの1階、両サイドにカウンターだけの小さなお店が並ぶ「駅前横町」。
雰囲気のある横丁には、確かなお店が揃います。

中でもおすすめなのが「タヴェルナたまい」です。
タヴェルナたまいは、コの字カウンターを囲む客席は最大で8席程度の小さなお店ですが、渋いマスターが美味しいイタリアンを提供してくれます。

まず美味しいのが前菜。
居酒屋のお通し的に一口くらいの量で、3種類提供されます。
何が出るかは日によって異なりますが、よく遭遇するのが鴨肉や砂肝のマリネ。

どれも安定して美味しく、全て違う印象に仕上がった前菜をつまみながら1杯目のお酒を飲めば、次の料理に期待が膨らみます。
タヴェルナたまいで牡蠣が出てきた日は、何となく当たりの日です。

メニューは黒板に書かれていて、種類はそれほど多くはないですが、ピザやパスタが日替わりですので、毎日来ても飽きることはありません。

最もおすすめしたいのが、焼き牡蠣。
殻付きの大粒の牡蠣が絶妙な火加減で焼かれて提供されます。
ノーマルタイプ、イタリアンらしくトマトソースとチーズが乗ったタイプと、好みに応じて選べます。

素材の良さと素材を生かす調理法で、牡蠣にうるさい広島人も黙ってしまうこと間違いなしです。
余談ですが、近くの海鮮を売りにした人気の居酒屋の焼き牡蠣の数倍は美味しいです。

また、ある日は日替わりパスタにも牡蠣が使われており、頼んでみましたが、やはり剥き身で火を入れても大きくてぷりぷりの牡蠣が、ソースと絡んで抜群の美味しさでした。
狭いキッチンで、どうやってこんな美味しいものを作っているのか、カウンター越しのマスターを覗きながら、リーズナブルな価格で楽しめる雰囲気のあるイタリアンです。

店名:タヴェルナたまい
住所:広島県広島市南区猿猴橋町5-16 飲食街駅前横丁 1F
電話:082-261-2901

新大阪エリア名物「媛 今治焼き鳥の旅」で驚愕の「せんざんき」。

店名:媛 今治焼き鳥の旅
住所:大阪府大阪市西中島4-8-18プライムコート新大阪1F
電話:06-7494-5753

ご存じだとは思いますが「せんざんき」とは愛媛県の郷土料理の1つで簡単に言えば鳥の唐揚げみたいなものですね。

こちらのお店「媛 今治焼き鳥の旅」では、このせんざんきがかなりのコスパで頂くことができるんです。
その名も「せんざんき定食 がっつり」。

もう、名前からして小食な方は怖いですよね。
いや本当にびっくりします。

せんざんき一つの大きさが、ゲンコツとは言いませんが、でかい!
そしてその量たるや、脅威の10個。
(サイズで多少の違いあるかもしれません)

この定食はせんざんき、漬物、みそ汁、ご飯がついてなんど700円!!
「媛 今治焼き鳥の旅」、コスパ過ぎます!
ただ、生半可な気持ちで挑むとおそらく残してしまうことになるでしょう。

大食漢の私も半分の5個くらいから極端にペースダウンしてしまい、ご飯をおかわりしたことに後悔することになりました。
しかし、大食漢のプライドもあり、なんとか完食致しました。

ちなみこの時、隣で先に同じ定食を注文されていた私より若い男性は、私がお会計を済まして「媛 今治焼き鳥の旅」を出る時も、あと数個のせんざんきを厳しい表情をされながら食されていました。
それほど量がすごいです。

ですが、「媛 今治焼き鳥の旅」側はこのことは承知なのか、ギブアップした残りのせんざんきは、お持ち帰り用に包んでくれます。
この対応は非常に感動的ですよね。
またがっつり定食が厳しいなら「せんざんき定食小」もあるのでご心配なく。

朝次郎 天神ビル店(福岡市中央区)、天神ビル地下1階で新鮮お魚ランチ。

店名:居酒屋 朝次郎 天神ビル店
住所:福岡市中央区天神2-2-12天神ビルB1F
電話:092- 721-3267

天神のど真ん中天神交差点にある天神ビルの地下にある居酒屋 朝次郎さん。
朝次郎は夜は魚を売りにした居酒屋さんなのですが、ランチもリーズナブルでとても美味しいんです。

ランチも魚を売りにしているこちらのお店ならではのメニューが目立ちます。
刺身定食、あらだき定食、鯛茶漬け定食、ゴマぶり定食、塩鯖定食・・・価格帯は一番お高い天ぷらと刺身が楽しめる天刺定食1280円からいちばんお安い塩鯖定食750円までとなっており、かなりリーズナブル。

昼間からお酒を飲んでいる方も見受けられ、朝次郎のあらだきは確かにお酒がすすみそうなので仕方なく思いつつ、わたしたちは結局いつものアレをお願いします。
ゴマぶり定食です。

ゴマぶり定食とありますが、ゴマかんぱちです。
わたしたちはぶりよりかんぱちの方が好きなので願ったり叶ったりです。

ゴマかんぱち、白身のフライ、だし巻き玉子にごはんとお味噌汁がついて880円!
いつも別のものを頼んでシェアするわたしたちですが、朝次郎ではどちらも大好物のゴマかんぱちをいただきます。
脂がのったこりっこりのゴマかんぱちはとても美味しくいくらでもいただけます。

天神ビルはオフィスビルなのですが、土曜日は営業されていました。
平日はとても多いと思うので、朝次郎に行くなら土曜日がおすすめです。

北海道ろばた居心地(札幌市中央区)で北海道各地のグルメを楽しむ。

北海道に来たら、新鮮な海の幸はもちろん、乳製品や野菜やお肉など、北海道各地の味覚を堪能したいものです。
北海道産の食材や産地にこだわった北海道の味覚を、気取らずに堪能できるのが「北海道ろばた 居心地」です。

札幌市営地下鉄南北線すすきの駅から狸小路を目印にして歩くこと約5分。
居心地の店内は北海道の居酒屋では珍しく、ザ・居酒屋というよりはお洒落な雰囲気で若者や女子会などにもオススメです。
若い店員さんが多くとても気さくに接してくれるのが、気軽に入れるポイントです。

居心地の魚介は厚岸の牡蛎をはじめ函館産の鮮魚、肉は十勝産の豚肉、ラム肉は白糠産。
もちろん和牛も。
北海道民がよく食べる男爵芋の塩辛バターもぜひ試していただきたい一品です。

そして居心地に来たら、ぜひ注文してもらいたいのが「階段刺身盛り合わせ」。
木で作った階段のような器に、たくさんの種類の魚介の刺身を盛りつけたこの店の名物です。
鮮度が抜群なので味はもちろんのこと、見た目も綺麗でとっても豪華です。

松前漬けなどの北海道の郷土料理のようなおつまみや、定番のホッケの開きなどももちろんあります。
お酒ももちろん北海道各地の地酒が楽しめます。
4000円程度からの飲み放題付きのコースもあるので、居心地ならリーズナブルに楽しめます。

このお店に来ると北海道各地の地名も知りながら食も楽しめる、ひと味違った北海道巡りが楽しめるはずです。

店名:北海道ろばた 居心地
住所:札幌市中央区南2条西4-10清水ビル1階
電話:011-206-9828

旭川市、「炉端のユーカラ」は観光客にも大人気。

炉端のユーカラさんといえば旭川人であれば誰でも知っているお店ですが、最近は観光客にも大人気のお店となっております。
炉端を囲んで座るように作られているカウンター席が特徴で、それ目当てで一度来店するお客様も多いです。

店名:炉端のユーカラ
住所:北海道旭川市4条通7丁目
電話: 0166-23-1114

炉端のユーカラには、お刺身(980円~)やとっても大きい縞ホッケ(980円)や海鮮丼(1580円)など、北海道でとれるおいしい魚介類がたくさんメニューにそろっています。
全体的にお値段もお安いので、安心してどんどん注文することができます。
炉端で焼いた魚介類やお肉は本当においしいので、是非食べていただきたいです。

カウンター席もとってもおすすめで、炉端のユーカラの店員さんが手際よく焼いているところを間近で見ることができますので、見て楽しむこともできます。
大人数の時にはきちんと広い座敷なども用意されておりますので、宴会などでも使えるお店だと思います。
炉端のユーカラは、店自体かなり広いのでゆったり過ごすことができます。

店員さんはいつも元気いっぱいで、本当に気持ちの良い接客です。
気遣いのできる店長さんがおりますので、名物店長さんになっているくらいです。
味よし・値段お安く・接客もよしの大変おすすめなお店です。