車両保険が一番安い自動車保険は?

自動車保険で多くの人が一番悩まれるのは、車両保険をつけるかどうかではないでしょうか。
なぜ悩むかと言えば、安い金額ではないからです。

これをつけるかつけないかで、金額に大きな差が生じます。
安心して運転するために加入されている方も多いと思います。

しかし、車両保険は大きく2つに分かれるのをご存知でしょうか。
私はその違いについて先月の事故で知り、大いに後悔しました。
一番大切な内容ですので、みなさんにもお知らせします。

先月、あるスーパーに駐車中に当て逃げされました。
私の車の左側に2m近くの大きな傷が出来ていました。

すぐに自動車保険の担当者に連絡をしたのですが、補償が適用されないと知らされ、2重にショックを受けました。

私が加入していたのは「エコノミータイプ」で、自損事故と当て逃げ事故は補償されないとの話でした。
契約時に説明を受けていたはずですが、しっかり聞いていませんでした。

自分でぶつけたのなら仕方がないのですが、当てられたのに補償されないというのが本当に悔しい経験でした。
修理の見積もりは、約50万円でした。
安い金額ではありませんが、仕方なく自腹で支払いました。

再度確認すると、補償には「一般タイプ」と「エコノミータイプ」があり、後者は自分からぶつかった単独事故と当て逃げ事故は補償されないとのことでした。

自動車保険料は若干安いのですが、内容としては、中途半端な補償になっていることをしっかり知るべきでした。
一度契約内容を確認してみてはいかがでしょうか。

参考:http://www.kurumahoken-1ban.com/

一番安い自動車保険で補償内容が充実

車を所有している人は、万が一の事故に備えて任意保険に加入にしている人が多いと思います。
事故に遭っても自賠責だけでは相手方の補償にも上限がついてしまいますから、という理由の方が大半だと思います。

自動車保険は掛け捨てか、返戻金のあるかを選ぶことが出来ないことが多く、基本的に掛け捨ての契約になってしまいます。

さらには、補償の内容や、ゴールド運転免許、その他諸々のオプションをつけていくとキリがありません。
掛け捨てなのであれば、できるだけ安い自動車保険に加入したい人が普通だと思います。
少しでも出費は抑えたいですからね。

なるべく損のない自動車保険を選ぶためには、今の状況や補償内容を確認することが必要です。
まず一番有名なものに、「ノンフリート等級」という概念があります。

簡単に説明すると、補償を使用する事故を起こしたり起こされたりといった事故を起こすとランクが下がります。
そういった内容ですので、今契約している契約証書を確認する必要があります。

続いて、加入予定の車についている装備を確認します。
この装備ですが、ABSやエアーバッグといった安全に関する装備や、イモビライザーがついているのかによって、金額が安くなることがあります。

さらに、誰が運転するのかを明確にします。
例えば、家族でしか乗らない場合は、「家族限定特約」をつけたり、30歳未満の方は運転しないといった条件によっても、特約という形でプランを選ぶポイントになります。

最後になりますが、年間の走行距離をざっと計算します。

例えば、週末、10キロ運転することがあれば、月に8日で80キロ、一年で960キロといった具合に、年間の走行距離を見積もると、一番安い自動車保険を探す手掛かりになります。

最近支持を集めているリスク細分型の契約では、走行距離が短い程、料金が安くなるのです。
インターネットの比較サイトで一括見積りが出来ますので、一度車検証と任意保険の証書を用意して、見積もってみてください。

個別に複数の業者から見積もりを取るよりも手間が掛かりませんし、どこが一番安いのか簡単に分かります。
見積もりしたからといって、営業電話が来ることもありません。

一番安い自動車保険の損保会社と条件

私は損保会社で働いていました。
自動車保険を扱っていて、ほんとうにコワイと思ったのは、契約が失効すると、補償が本当におりなくなる、ということです。
ぶつけても、人をひいても、契約が失効していれば、損保会社は助けてくれません。

とはいっても、自動車保険は安くはありません。
ただ、安くする方法はあります。

何年もがんばって事故をおこさないでいれば、ほかの人より安い条件で入り続けることができます。
また、年齢条件を見直したり、車の状態でも安いものになるときがあります。

古い車でしたら、車両保険をはずすと、一番安くなります。
だたし、この場合は、自分の過失割合分や、自分の車には、補償がないので、慎重に考えないといけません。

一家族が2台目を所有する場合も、安い条件があります。
また、会社などの団体扱いを使うと、一般の条件で入るより、かなり割安な金額で入ることができます。

外資系の自動車保険は、安いです。

国内の会社は、やはり安定感安心感があります。
事故のときの対応に代理店が相談にのってくれるケースがあるからです。
それは、かなり便利だし、心強いです。

自分の契約内容を、もう一度しっかり見直せないか、損保会社に質問してみるのもいいです。