日東コーナー、銀座にある趣の塊のような純喫茶でのランチ

店名:日東コーナー
住所:東京都中央区銀座4-12-20 松石ビル1階
電話:03-3541-3995

日東コーナーは、東京メトロ東銀座駅より徒歩1分。
すぐそばには歌舞伎座もあります。
銀座を散策中にいい感じの喫茶店、日東コーナーを発見したので、そろそろお昼だし休憩がてら入ることにしました。

日東コーナーは古き良き純喫茶、といった外観で若干の入りづらさもありましたが、外に出ていたランチメニューの看板にも惹かれました。
店内は全てテーブル席。
10卓ぐらいありました。

土曜日のお昼の時間帯に日東コーナーにお伺いしたのですが、少し席に空きがありました。
すぐに埋まり、そこからは入れ代わり立ち代わりお客さんが入ってきます。

ランチメニューはAからEまでの全五種類。
Aランチはビーフシチュー(1100円)ライス、サラダ、フルーツが付いてきます。
ごろごろと具材は多めでボリュームたっぷり。一番人気との記載あり。

Bランチはロールキャベツ(1000円)ライス、サラダ、フルーツが付いてきます。
どうやらトマトソースで煮込まれてるっぽくて美味しそう。

Cランチはハヤシライス(900円)サラダ、フルーツが付いてきます。
ランチメニューの中では一番お安い。

Dランチはハンバーグ(1000円)ライス、スープ、フルーツが付いてきます。
テリヤキソースとの記載があり、美味しそう。

Eランチはカレーライス(1000円)
ドリンクはどうしようかな・・・と、小さい頃コーヒー好きの祖母に連れられてよく行っていた喫茶店で祖母が幼いわたしのためにいつも注文してくれていた「ウインナーコーヒー(600円)」があるやないか!

迷いましたがハンバーグのDランチとウインナーコーヒーに決めました。
ウインナーコーヒーは食後にお願いして、改めて日東コーナーの店内を見回すと、昭和24年から銀座の地で営業されていて、ずっとそのままだと聞き感慨深く、ウインナーコーヒーで祖母を思い出したこともありノスタルジックに浸りつつ読書をしながら待ちました。

静かな日東コーナーの店内は読書にも最適です。
10分ほどで料理が到着しましたが、なんとコック服を着た方が直々にキョロキョロしながら持ってこられて、わたしの顔を見るなり無言でぼん!
とテーブルに料理を置いて消えました・・・
呆気に取られましたが、見るとハンバーグだったので間違いではなさそう。

でも更に驚いたのはテリヤキソースではなく、チーズが全体にたっぷりのっていたこと・・・。
チーズが大の苦手なわたし・・・まあ確認しなかったわたしも悪いかなと思いチーズを避けて食べました。
どう考えてもテリヤキソースの味の面影はみじんもなく、どんなに避けても香るチーズに悶絶しながらいただきました。

ハンバーグ自体は肉肉しくて牛の割合が高めのハンバーグの印象でした。
是非テリヤキソースでいただきたかったわぁ
付け合せはにんじんグラッセといんげんソテー、ポテト(ポテトにもチーズ!)・・・
スープはオニオンスープでした。

ぬるく、少々黒コショウが効いていましたが好きな味付けでした。
日東コーナー、いろいろと惜しいお店でしたが、雰囲気は抜群でした。
夜はパブとして営業されているそうです。