実家っていい

12月 16th, 2014

ただ今、実家に来ています。
子供と二人で数日間のプチ帰省です。
いつもは日中わたしと子供の二人きり。
夫は朝早くから夜遅くまで仕事で、朝ごはん、昼ごはん、夕ご飯もわたしと子供と二人で。
Read the rest of this entry »

次世代の党が壊滅した

12月 16th, 2014

衆議院選挙で、次世代の党が壊滅してしまった。
実に、もったいないことだと思う。
朝日新聞が、吉田証言をもとにした従軍慰安婦報道が虚言に基づくものとして取り消したのは、次世代の党のおかげである。
次世代の党の議員が、朝日新聞の従軍慰安婦報道は、根拠が存在しない報道であるという主張を展開し、朝日新聞社もこれを認めて撤回したのである。
おそらく、次世代の党が主張しなければ、朝日新聞はいまでも従軍慰安婦報道を展開し、日本政府を攻撃していたと思う。
とくに、次世代の党の山田宏幹事長の貢献度は、きわめて高かった。
国民は、山田宏氏には感謝すべきだと思う。
今回の衆議院選挙で、その山田宏氏が落選してしまった。
非常に残念だと思う。
山田氏だけではない。
次世代の党は、衆議院はたった2議席に後退してしまった。
どうして、わざわざ日本維新の会を分裂させて、次世代の党を立ち上げてしまったのか疑問だ。
国民的人気の高い、橋下市長と別れてしまって、組織票を持たない次世代の党が選挙で議席を獲得できると考えたのだろうか。
考えが甘かったと思う。
おまけに選挙の直前になって、別の党の党首だった、元航空幕僚長を次世代の党に入党させて公認候補とした。
この行為で、次世代の党という政党は、いったい何なのかという疑問を国民に抱かせたと思う。
今回の壊滅的敗北は、次世代の党の戦略負けだと思う。
政策は正しくても、戦略で失敗したのだ。

セラミドのサプリメントと肌のトラブルについて

12月 16th, 2014

医療治療などにもセラミドのサプリメントは利用されているといいます。
乾燥による肌のかゆみがある人や、アトピーの人にも良いとされる成分であるセラミドは、肌荒れだけに効果があるだけではありません。
セラミドのサプリメントを皮膚疾患の人も活用しているといいます。
炎症を抑える薬や塗り薬を使って、かゆみを軽くすることが皮膚疾患の治療の今までの常識でした。
皮膚疾患がセラミドのサプリメント摂取によって良くなるという話があります。
セラミドが足りない事が多かったという報告が、アトピー性皮膚疾患の人や、乾燥肌による肌のかゆみの有る人を調べた結果として出ています。
皮膚疾患の元ともなると言えるのが、セラミドが足りないということなのです。
肌のバリア機能が働くなってしまうのは、セラミドが足りないとお肌の保湿力もなくなっていくからです。
肌の中にアレルギーを引き起こす化学物質などがより入りやすい状態になってしまうようです。
肌のカサカサやかゆみ、そして炎症などの問題がおこるアトピーは、アレルギー反応の一種ですから、こういった化学物質によって起こる仕組みです。
足りないセラミドを、セラミドのサプリメントなどを摂取して補充するようにすれば、アトピーなどの肌疾患を防ぐことができるといいます。
美容の為だけでなく肌の乾燥改善やシワやしみの予防などにも役立つのがセラミドのサプリメントなので、一度肌の調子があまり良くないことで困っている人は利用してみるのも良いのではないでしょうか。

職場でのクリスマスツリーの飾りつけ

12月 14th, 2014

12月に入り、職場でもクリスマスツリーを飾りつけることになりました。
白い大きなツリーで先の部分が電飾になっていて電気をつけるとそれだけでも「きらきら光り」素敵なクリスマスツリーです。
光り方も何タイプかあり、それだけでも楽しめました。
Read the rest of this entry »

サッカーが熱い!

12月 14th, 2014

つい先日ガンバ大阪が見事な逆転優勝を果たし、これが一時は降格を危ぶまれていたチームとは思えないくらい後半の巻き返しは凄まじいものがありました。
特に宇佐美の活躍は申し分なかったです。
そこに遠藤を中心とした成熟したスタイルがマッチしてのこの結果。
ここまで来たらもう3冠をとってもらうしかありません。
Jリーグ発足以来、3冠を果たしたことがあるのは鹿島アントラーズのみです。
そこへ着実に歩みを進めるガンバ大阪。
天皇杯の決勝は12月13日ともう間もなくです。
その相手となるのがなんとJ2のモンテディオ山形であり、彼らにしても是が非でも取りたいタイトルであるため、両者の戦いは激しくなるでしょう。
それを想像するだけで今から楽しみでなりません。
海外でも内田篤人の所属するシャルケが欧州チャンピオンズリーグの決勝トーナメント進出が決まるなど勢いに乗っています。
年末にはこれからのサッカー界を支える若き世代が活躍する高校サッカー、年を明ければアジアチャンピオンズリーグ、日本代表のアジアカップと目が離せない試合が続きます。
本当は全部見たいくらいですが、きっと見れないものもでてくることが悔しいです。
録画だけは忘れないようにします。

« Previous Entries