梅雨から夏にかけてのお弁当で気をつけていること

10月 16th, 2014

梅雨が近づいてきます。この季節は幼稚園の遠足、小学校の運動会などの行事が多いため、お弁当を作る場面も増えてきます。
梅雨から夏にかけては食中毒を起こさないようにとても気をつかいます。
お弁当箱に雑菌が残らないように熱湯消毒すると良いです。
Read the rest of this entry »

美容院と電話

10月 16th, 2014

車に乗れない母に頼まれ、美容院まで連れていった。
いつもはどこかで待っているが、今日は自分の体調もいまいちだった。
そのため、いったん家に帰って母の電話があり次第迎えに行くことになった。
ところが家で待っていても、一向に電話がかかってこない。
いや一度「非通知」がかかってきたが、やはり業者のセールスだったのですぐに切った。
2時間ぐらいたった頃、入口にほうで音がするので見に行くと、すでに母がいた。
話を聞くと、電話が家につながらないので美容師さんのご主人に送ってもらったらしい。
それを聞いて家の電話を確認したが、別に受話器もあがっていなかったし、着信にも記録はなかった。
母は携帯電話を持っていないので、美容院の電話(子機)を借りたらしいが、何か音がしておかしかったとのこと。
美容師さんにもかけてもらったが、やはりつながらなかったという。
しかも、「念のためにこちらからもかけてみたら?」と戻ってきた母に言うと、今度はそれでもつながらないと言うのだ。
変だなと思いながら、今度は私が美容院にかけてみたところ話し中だったので「つながっている」と確信した私。
しばらくして、母が再度美容院にかけたら今度はつながったらしい。
いったいなんだったのか。
まあ、美容師さんも母も高齢だからなあ。
とにかく迎えに行く手間がはぶけたのはよかった。

肥満の人が運動で体重を減らす場合

10月 16th, 2014

運動が苦手なことが、肥満の人が体重を減らすことが難しい理由の一つです。
急激な運動をしても、肥満度の高い人は思うように体重を減らすことができないとされています。
肥満の人はまず基礎代謝をアップさせるために、筋力のトレーニングをすることが必要です。
筋肉を鍛えるのに最も適した時間は午前中です。
1日のはじめに代謝アップをすることができます。
筋トレは食事前に行うと効率がいいので、できれば朝ご飯を食べる前にするようにしましょう。
肥満の人はこのようにまず筋トレから優先して運動を始めることで代謝がアップし、スムーズに体重を減らすことができます。
筋トレが定着してきたら、有酸素運動を組み込むようにしましょう。
肥満率の高い人は、ウォーキングぐらいの軽い運動がいいでしょう。
毎日一時間ほどのウォーキングを、平日に行うようにするといいでしょう。
最初はウォーキングだけで初めて慣れてきたら少しずつランニングも入れていきましょう。
ウォーキングをすることによって酸素と取り入れながら運動できるのでエネルギーとして脂肪が燃焼します。
継続して実行することによって、肥満の人でも徐々に体重が増えにくい体にとなることが可能です。
肥満気味で体重を減らしたいという人は食事と生活習慣の改善に適度な運動を加えることが大切なのです。

娘との毎日は幸せの毎日

9月 8th, 2014

私には1歳の娘がいます。
2ヶ月程前から歩けるようになって、今ではだいぶ上達しました。
ちょっと早歩きも出来るようになって、調子に乗り過ぎて転んで怪我をする事も…。
母としては娘がトテトテ忙しそうに歩くのを見ているのは気がきじゃないですが、本当に微笑ましく思えます。
Read the rest of this entry »

墨俣城

9月 8th, 2014

岐阜に墨俣城というところがあります。
私は、戦国武士のドラマが大好きで、特に、信長、秀吉の歴史ドラマをよく見ます。
この墨俣場城は、秀吉が信長の命で、墨俣という岐阜県の長良川沿いに、一夜で城を築いたという伝説のお城です。
そこは今でも、東海道線の岐阜市から、東海道新幹線の岐阜羽島に向かう間にあります。
テレビ中では、墨俣城は田んぼの中の小川に近いような川のところに、一夜で築かれたことになっていますが、実在の墨俣城は、確かに周りは田んぼですが、長良川のほとりにあるのです。
しかし、この長良川、小川ではありません。
べらぼうに大きい川です。
このような大河に城を築くことなど不可能なように考えられます。
目で見る限り、長良川の流れは早く、荒く、川もとても深そうです。
とても城を築けるとは思えません。
城を築いたのは別の場所だったかもしれませんが、関東出身で、秀吉の話を現実として見たことのない私は、「これがあの墨俣一夜城か」と、感動しながら拝観しました。
しかし、この墨俣一夜城、現在のものは立派な戦国のお城の形をしています。
できれば、秀吉が本当に築いたように、材木の組み合わせ的なものであったならば、もっと、雰囲気が出ると思います。

« Previous Entries